WordPressテーマ「SANGO」でオススメ無料プラグイン5選

WordPressテーマ「SANGO」でオススメ無料プラグイン5選

プラグインをインストールする前に

ほとんどのプラグインはWordPressの制作チームが作っているわけではありません。
そのため、WordPressのバージョンアップがあったとき、プラグインがWordPressの新しいバージョンに対応しているとは限りません。
ご自身のWordPressのバージョンとプラグインの互換性があるかどうかしっかりチェックしてからインストールしましょう。

互換性のチェックはプラグインの新規追加画面からできます。

WordPressプラグインの互換性チェック方法

赤枠の部分のように右下に「最終更新日」と「使っているWordPressとの互換性があるかどうか」が記載されています。

互換性が確認されていない場合、不具合が起こる可能性がありますので、十分注意してくださいね。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps

Googleがサイトに訪問した際にGoogleに対してわかりやすいサイトの地図のようなものを発行してくれます。
sitemap.xmlというファイルなのですが、これはSearch ConsoleというGoogleのサービスに登録した際に使用します。
Search Consoleにサイトを登録してサイトマップを提供することで、Googleにサイトができたから検索に引っかかるようにインデックスしてね、とお知らせすることができます。
もちろん、登録しなくてもいつかはインデックスされますが、登録した方が圧倒的にインデックスされるまでの時間は短いです。
なので、サイトを作ったら必ずこのプラグインをインストールして、Search Consoleに登録しておきましょう。

インストール・有効化すると、「設定」に「XML-Sitemap」という項目が追加されますので、そこから設定していきます。

Google XML Sitemaps

上の画像のチェック3つは、更新があった場合、GoogleやBingに通知するかどうかのチェックなので必ずチェックしてください

Google XML Sitemaps

サイト内での投稿の重要度を検索エンジンに知らせることができます。
ここはその設定で、好きなものを選択して構いません。

Google XML Sitemaps

サイトマップに載せる内容を詳しく設定できます。

上の初期設定値からカテゴリーページをチェックして、固定ページのチェックは外しておきたいところですが、固定ページに重要なページが含まれる場合はチェックしたままで構いません。

一番下の「最終更新時刻を含める。」のチェックは必ずチェックしておきましょう。

次の項目は含めたくないカテゴリーがあればチェックします。

Google XML Sitemaps

個別に含めたくないページがある場合はここにIDをカンマ区切りで入力していきます。
IDはページ内に記載がないので、ひとつひとつ調べるしかありません。

Google XML Sitemaps

含めたくない投稿(または固定ページ)の編集画面に行きます。
編集画面でURLを見ると、上の画像のように「post=〇〇」という部分があると思います。
その〇〇の部分(画像でいうと246)がIDです。

これをカンマ区切りで入力していきます。

Google XML Sitemaps

次は「このくらいの頻度で見に来てくれたら嬉しいな」とGoogleやBingにお知らせします。
画像のメモに書いてある通り、命令ではないので、参考にはするけど、その通りになるとは限らないので、目安程度で考えておきましょう。

Google XML Sitemaps

最後は優先順位の設定です。

画像は初期値で、1.0(非常に重要)~0.1(ほとんど重要ではない)まで10段階あります。
ご自身のサイトの構成に合った設定にしましょう。

ちなみに僕のはこんな感じです。

Google XML Sitemaps

Autoptimize

Autoptimize
サイト表示速度の高速化プラグインです。
CSSやJavaScriptを軽量化してサイト表示速度をアップしてくれます。
設定はチェックするだけで超簡単ですので、是非インストールして有効化しておきましょう。

Autoptimize

Google XML Sitemaps同様、設定に「Autoptimize」という項目が増えます。
それをクリックしたら上の画像のような設定画面が表示されます。
上の画像のようにシンプルな画面じゃない場合は、右上の「高度な設定を非表示」をクリックするとシンプルになります。
画像の赤枠の部分をすべてチェックしたら「変更を保存してキャッシュを削除」をクリックして設定は完了です。
めちゃくちゃ簡単ですね。
これであなたのサイトも爆速です!

Native Lazyload

Native Lazyload
こちらもサイト表示速度の高速化プラグインです。
目に入る画面の部分の画像のみ最初に読み込んで、それより下の部分はスクロールされたときに読み込むことで、ユーザーが操作できるようになるまでの時間を短縮して表示させるプラグインです。
こういったプラグインはWordPressのテーマによって表示崩れが起きやすいのでインストール・有効化したら必ず表示チェックを忘れずにしましょう。
崩れてしまっていたら即無効化して他のプラグインに切り替えましょう。
SANGO(ほぼ未カスタマイズ)では表示崩れが起こらず、問題なく表示されました。

ちなみにこのプラグインは設定不要で、インストール・有効化だけでOKです。

Table of Contents Plus

Table of Contents Plus
目次を自動生成してくれるプラグインです。
SANGOの公式カスタマイズガイドで紹介しているので、間違いなく相性は良いです。
当サイトでも使用していますが、SANGOがデフォルトでこのプラグインのスタイルを綺麗にしてくれているので、インストール・有効化するだけで綺麗な目次が作れます

設定はこちらから

参考 目次プラグイン「TOC+」の設定方法SANGOカスタマイズガイド

Classic Editor

Classic Editor
WordPress5.0から採用された新エディター「Gutenberg」ですが、昔からWordPressを使っている方は使いにくさを感じているのではないでしょうか?
そういった方はすでにこのプラグインを使用されていると思いますが、はじめてWordPressを使用される方も旧エディタが選択肢としてあってもいいのではないでしょうか。
あと、コード書ける人はクラシックエディターの方が書きやすいかもしれません。

また、設定の投稿設定の中に設定項目が2つ増えます。
管理ユーザーが1人の場合は関係ないので、そのままで問題ありませんが、複数人でサイト運営をされる方はこちらから設定が可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
SANGOにはもともと高機能なので、あまりプラグインを必要としません。
なので、今回は少なめな紹介となりましたが、必須と思えるものばかりを厳選しました。

この記事であなたのサイトが少しでも快適になりますように。